FC2ブログ

歩けば脳が活性化する

寳屋珠介

-
こんにちは~~

足と靴のコミュニケーション、フットウェアフクヤのマスターの宝珠です。

今日は真夏を思わせるような日差しですが、お変わりありませんか~

先日から東邦大学医学部名誉教授有田秀穂先生の「歩けば脳が活性化する」という本を読み返しています。

「歩く」ことに集中してウォーキングを続けると脳内物質のセロトニンが活性化され、座禅をしたときと同じ「アルファ2」という脳波が出るそうです。

歩くことに集中するということが肝心で、話をしたり、いろんなことを考えたりすると言語脳や認知機能が働き、セロトニン神経が活性化されないということです。

でもこれって難しいですよね。

うちの宗派が曹洞宗で、永平寺に行ったとき座布を買ってきたので、たまに座禅のまねごとをするのですが、何も考えないようにと思っても、私のような凡夫には、いろんな思念が次から次へと浮かび上がってきます。

そこで、先生は、言語脳を働かせないように「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」などのお題目や虚空蔵菩薩の真言「ノウボウ・アキャシャ・ギャラバヤ・オン・アリ・キャマリ・ボリ・ソワカ 」などを唱えて歩くのがいいとおっしゃっています。

お題目や真言はちょっと、という方は「12334」や「あいうえお」でもいいそうで、もっと簡単に、聞き流されるようなノリのいいリズムだけの音楽を聴きながら歩いてもセロトニン神経が活性化されるそうです。

KC4D0102.jpg

これからますます暑くなりますが、体調管理に気を付けて、ウォーキングの時は歩くことに集中してみてください。


関連記事
Posted by寳屋珠介