FC2ブログ

足腰の神様

宝珠克己

-
先日、といっても8月のことですが、足腰にご利益があるという京都の護王神社にお参りしてきました。

IMG_20170825_134343.jpg

御所の西側烏丸通にあり、何度か前を通ったことはあるのですが、たまたま乗った京都地下鉄の案内を見るまでノーマークでした。

ご祭神は和気清麻呂公(わけのきよまろこう)。

あ~、日本史で習った記憶が、、、、

護王神社のHPによりますと、由来は、


『奈良時代の末、当時の実力者・弓削道鏡が偽のご神託によって、天皇の位を我が物にしようとした事件が起こりました。

清麻呂公は真のご神託を奉じてこれを阻止しましたが、道鏡によって足の腱を切られた上に九州の山奥に流刑となりました。

九州へ下る途中に道鏡の刺客が襲いかかるなど、険しい途次でしたが、突然山の中から現れた300頭ものいのししが清麻呂公を守って道案内しました。

 その後、清麻呂公が悩んでおられた足萎え(あしなえ)は不思議と治り、公は立って歩くことができるようになったと伝えられています。この故事により、護王神社は足腰の守護神として広く崇敬されています。』とのことです。


お参りに行ったとき、家族が足の手術をするからとお守りを授かりに来られた方がいました。

IMG_20170825_154300.jpg

私も皆様の足腰の健康を祈願してお守りをいただいてきました。^^

烏丸通の丸太町と今出川のちょうど真ん中あたり、近くには楽美術館もあります。

京都御所が申し込み不要の通年公開になったので、この界隈も秋の京都散策によさそうですね。

関連記事
Posted by宝珠克己