FC2ブログ

靴屋に生姜飴?

宝珠克己

-
昭和一けた生まれの方は、よくご存知なのでしょうが、昔大阪では、うどん屋さんに風邪薬がおいてあったそうです。

その名も、「うどんや風一夜薬」(うどんやかぜいちやぐすり)

あつ~いうどんをふうふう言いながらかき込み、うどんや風一夜薬を飲んで

一晩寝ると、朝にはもうスッキリ

風邪のひき初めには、とてもよく効いたそうです。

身体を芯から温めるのがいいのでしょうね。

その風邪薬を作っていた会社が生姜をふんだんに使った飴を出しています。

10年以上前ですが、お客様にいただき、普通ののど飴のつもりでなめると・・・・・・・

辛い~~~~!!!!

頭のてっぺんから汗がじわっ~と噴出してくる。

でも、身体がぽかぽかしてきて、喉がスッキリ。

よくあるのど飴をなめると、胃が気持ち悪くなったりしますが、

さすが生姜は健胃生薬。かえって快調になりました。

それ以来やみつきになり、毎朝出勤前に1つぶ・・・。

以前はよく喉を腫らしたんですが、これをなめるようになってから、喉の痛み知らずになりました。

たまにほかのメーカーさんの生姜飴をいただくことがあるのですが、なんか頼んなくてダメですね。

実は、この生姜飴をお店で置かせてもらうことになりました。

CIMG2641.jpg


通勤の途中にメーカーさんがあり、いつもカミさんが寄り道して買ってきてくれてました。

自分で使ってみていいものは、皆様にも使ってほしい。

そんな気持ちをお伝えすると、「一般には出さないんですけど、長らく使ってくれているので」ということでOKが出ました。

冷え性でお困りの方以外でも、冬は身体が硬くなり、室温との気温差もあるので、ウォーキングは危険がいっぱいです。

日頃から身体の芯を温めておくと、代謝もよくなり、脂肪の燃焼もスムーズです。

それに、いくら身体にも優しくても、まずけりゃ嫌ですが、なりよりおいしいのがいいです。

寒い日に飲むと心もほっこりするしょうが湯もありま~~す。

関連記事
Posted by宝珠克己